アフェクティブコンピューティング

TOC


アフェクティブコンピューティンググループでは,人間の感情や感性を分析することコンピュータ,ロボットと人間が共存,協調する社会を実現するための研究を行っています.現在は,感情的返答を行う対話システム,ピッキング作業者と配送ロボットの最適化など,様々な領域に応用できる研究を行っています.

感情的返答を伴う適応型対話システム

research-shinsan 近年普及しているチャットボットは, メンタルヘルスケアやカウンセリングなどの認知行動療法への応用が可能であり,将来的には人間に寄り添うデジタルパートナーとしての役割が期待されています.本研究では,人間と対話システムが社会的関係を形成するために必要な感情とい う要素に着目し,ユーザの発話から意味要素や感情要素を抽出し,適切な感情的表現を含んだ返答を生成する対話システムを実現します.

人と協調する倉庫内配送ロボットのシミュレーション

research-asayu

本研究ではシミュレーションを用いて、人と柔軟に協調する配送ロボットの提案、開発を行っています。オンラインショッピングなどの利用が増えて、倉庫管理の自動化が進む中、機械と人が接触する事故なども起こっています。人とロボットが頻繁に交わる環境において、ロボットは人が周りにいるという前提のもと制御を行う必要があります。配送ロボットの種類を分類し、それぞれロボットの有用性をシミュレーションを用いて検証、評価しています。